ゆきねと和編鐘について

有機音工房

previous arrow
next arrow
Slider

ゆきねと和編鐘について

編鐘について

編鐘の歴史は古くすでに西周朝初期(約3千年前)の出土に見られます。中国全土で400~500組(セット)も発見されているといわれています。その大きさから、楽器としてばかりではなく祭器として、また、皇帝の権威の象徴としても使用されたことがうかがわれます。大小の青銅製の鐘から成り、大きなものは人が入れるほどの大きさで、数人がかりで打ち鳴らしたと考えられています。

編鐘の伝来

韓国には高麗朝(1116年)のころに伝来されました。しかし日本には儒教的な大編成の雅楽が輸入されなかったので、編鐘を使用する音楽は伝えられていません。日光東照宮には、13世紀に伝来したと思われる唯一の編鐘が保存されています。この編鐘ははるかに小型ですが、韓国の祭礼楽用の系統の特徴をもっています。

和編鐘とは

富山県高岡市の山口久乗氏によって2002年に完成しました「久乗編鐘」は、2003年3月<世界水フォーラム>での「音でつづる水の旅」の演奏で、使用しました。余韻のある美しい音色は、脳にα波を発生させ、癒しの効果がある、1/fゆらぎを含むことが日本音響研究所の分析により証明されています。この「久乗編鐘」の鐘を使って、有機音工房が現在の3オクターブの鐘を演奏しやすい形に枠を設計して、並び替えたものが現在の「和編鐘」です。

和編鐘®は有機音工房 が販売しています。
お申し込み・お問い合わせは有機音工房へお願いいたします。

ゆきね(有機音)のプロフィール

和編鐘奏者・作曲家。

江戸時代から続く京都の陶芸家の家系に生まれる。京都教育大学卒業。
1990年より京都の社寺、町家、森などでのコンサートを手掛けるかたわら、自然や風景、祭礼などを「写し取る」、独自の作曲活動を開始。

1994年、NHKラジオで「音風景作品」として紹介され、番組がラジオ局長賞を受賞し、注目を集める。

1998年には、音からの感性教育法をまとめた本『心の耳を育てる』を音楽之友社より出版。

2002年、フジテレビの番組『晴れたらイイねッ!』で「自然がくれたメロディー」として作曲・教育法が特集される。

2000年に、和編鐘との運命的な出会いをし、和編鐘奏者として活動を始める。

2003年 <世界水フォーラム>で記念演奏を行ない、CD『編鐘 水の祈り』をリリース(日本初の和編鐘のCD)。 以後、各地でコンサートを開催するかたわら、作曲・教育活動も精力的に行なう。

2005年には<愛・地球博>で特別講師を務めたほか、子供達の作曲集のCD『耳をすましてごらん』をリリース。2005年、寺本潔・大西宏治との共著で、イヤー・ゲームの本『エコ地図をつくろう』を黎明書房から出版した。さらに国土交通省の依頼で、DVD『音で紡ぐ長良川』の音楽を作曲・演奏。

2008年NHKhi-vision番組(20分3本・5分10本)「京音をめぐる」シリーズに主演・演奏。京都の自然や文化を描いた音楽が放映され、大きな注目を集める。

2011年福島で開催された東日本大震災チャリティーコンサートに参加。神奈川でも「福島をわすれない」チャリティーコンサートを5年間開催する。

2016年3月ベルギーハッセルト市が開催する震災5年追悼コンサートに招聘され、鎮魂歌を演奏する。
さらに同年9月~10月ベルギー・オランダ・ドイツとカリヨンの国々を訪問して各地でコンサートを開催し、日本のカリヨン奏者として高く評価される。

2017年10月ベルギー在日本大使館ホールにてコンサート 12月マレーシアの在日本大使館の招聘によりコンサートに参加

2018年10月 クロアチア在日本大使館の招聘によりコンサートに参加。2019年ブリュツセル・パリにて【祝令和元年「万葉のこころ」】のタイトルの和編鐘コンサート開催。
2019年12月 CD「和編鐘へのいざない ~森羅の音・万象のひびき」をリリース

音の教育では2011年和歌山県主催の第43回全国植樹祭で炭琴の楽曲を編曲・作曲。第46回全国植樹祭鳥取では、「大山」を写し取るイヤーゲームの作曲法で鳥取の小学生と共に「式典音楽」を作成する。
「心の耳を育てるメソッド」によってから紡ぎだす楽曲を和編鐘奏者として自然音のゆらぎを持つ和編鐘で演奏するという流れのなかで「祈りの音楽」の活動はさらなる広がりを生み出している。

京都教育大学非常勤講師(2004~2017)